安眠サプリ「ネムリス」は実は危険?ネムリスの成分を調べてみた!

安眠サプリ「nemlis(ネムリス)」は、天然ハーブを使用していて体に優しいと言われるサプリメントですが、本当に体に害がないか、気になりますよね!

実際に配合されている成分を調べてみました!

nemlis(ネムリス)初回980円定期コースを購入する

ネムリスの成分

還元麦芽糖水飴、デキストリン、γ-アミノ酪酸、ラフマ葉抽出物、クワンソウ乾燥葉粉末、月見草粉末、レモンバーム抽出物、グリシン、セルロース、L-トリプトファン、L-テアニン、ステアリン酸Ca、二酸化ケイ素、V.C、V.B6、ナイアシン、V.B12

こうして書かれてあると、見たことのない成分もありますね。

それぞれ見ていきましょう。

還元麦芽糖水飴

還元麦芽糖は、大麦を発芽させたものを多く含む成分です。

この還元麦芽糖は、砂糖の85%程度の甘さを示します。よくガムやキャンディーにも使われている成分です。

ガムやキャンディーに使われているとなると、サプリメントとしてはちょっと不安ですよね。

 

還元麦芽糖は、多量に摂取すると、血糖値の上昇や下痢などを引き起こします。

ただ、あくまで多量に摂取した場合です。ネムリスを一度にたくさん飲むようなことがない限り問題ないでしょう。

デキストリン

デキストリンとは、食物繊維の一種です。原料は、ジャガイモやトウモロコシなどのデンプンです。

デキストリンも多量に摂取すると、下痢などを引き起こします。しかし、ネムリスを過剰に摂取することがなければ問題ないでしょう。

γ-アミノ酪酸(GABA)

γ-アミノ酪酸(GABA)は、脳の中枢神経や脊椎で、脳の働きを抑える効果があるアミノ酸です。

γ-アミノ酪酸(GABA)はイライラを抑えたり、リラックスさせる効果があるので、安眠効果が期待できる成分です。

危険性としては、γ-アミノ酪酸(GABA)とアルコールを同時に摂取し続けると、アルコール依存を発症・促進させるおそれがあります。

ネムリスは、睡眠薬と同様にアルコールとの同時摂取は控えるようにしましょう!

ラフマ葉抽出物

ラフマ葉抽出物の元となるラフマ葉は、キョウチクトウ科バクシンクルモン属の多年草です。

中国西の北方に広く分布しており、食物繊維、フラボノイド、ルチン、ミネラルなどの成分を豊富に含む植物です。

ラフマ葉には、睡眠効果や、血圧を下げる効果、精神を安定させる作用、免疫力向上としての風邪予防などが期待できます。

ラフマ葉の危険性は、胃腸の弱い人に吐き気や嘔吐、下痢などの症状が現れることです。

胃腸が弱い方でネムリスを飲んだ後に異変や不調があった場合、服用量を減らすか、服用自体を中止するようにしましょう。

nemlis(ネムリス)初回980円定期コースを購入する

クワンソウ乾燥葉

クワンソウとは、沖縄周辺地域に自生している、中国原産のユリ科ワスレグサ属の多年草です。

沖縄では庭先や畑などで栽培されていることも多く、クワンソウを食べるとよく眠れるため、昔から子どもの夜泣きや眠れないときに使用されてきました。

クワンソウを食べたことによる副作用は、現在のところ報告されていません。

月見草

月見草は、古くアメリカ先住民ネイティブアメリカンによって、食料や薬草として用いられてきました植物です。

月見草には、生理痛の緩和や、皮膚トラブルの予防・軽減生活習慣病の予防などの効果があります。

 

月見草は、妊娠中、もしくはワルファリンなど血液を固まりにくくする薬を飲んでいる人は摂取を避けましょう。

妊娠中の場合、分娩を促進するため、月見草の摂取は危険です。

また、出血を助長する作用があるため、血液を固まりにくくする薬を飲んでいるときも、ネムリスの摂取を控えましょう。

レモンバーム

レモンバームはハーブの一種で、精神の安定や、不眠を緩和する効果があります。

レモンバームの主成分はシトラールで、これは敏感肌には刺激を与えることがあります。

グリシン

グリシンはたんぱく質を構成するアミノ酸です。

体内で合成できる非必須アミノ酸で、睡眠効果があります。

グリシンは、統合失調症の治療薬と同時に服用をすると、稀に湿疹やかゆみ、口の腫れ嚥下障害、呼吸障害などを引き起こすことがあります。

セルロース

セルロースは、植物の細胞壁を作る成分で、野菜などに含まれています。

ネムリスに使用されているセルロースは、増粘剤として使用されている可能性が高いです。

セルロースは多量に摂取すると便秘気味になることもありますが、ネムリスにはほぼその危険性はないでしょう。

nemlis(ネムリス)初回980円定期コースを購入する

L-トリプトファン

L-トリプトファンは9つある必須アミノ酸のひとつです。

眠りのホルモンであるメラトニンの生成をする効果があり、自然な眠気と快眠をもたらしてくれます。

L-トリプトファンは大量摂取すると、痙攣や嘔吐、さらには肝硬変や肝機能障害が起きるリスクが指摘されています。

このような危険性を防ぐためにも、ネムリスを一度に大量摂取しないようにしましょう。

L-テアニン

L-テアニンは、お茶に含まれている、うま味などの元となる成分です。

L-テアニンの効能として、興奮作用の抑制、集中力の向上、リラックス効果、睡眠改善効果が挙げられます。

L-テアニンによる健康被害や副作用は、これまで報告されていないようです。

ステアリン酸カルシウム

ステアリン酸カルシウムは、主にサプリメントなどの形成や安定のために使用される成分です。

ステアリン酸カルシウムは体内にはほぼ吸収されることがなく、危険性も報告されていません。

二酸化ケイ素

二酸化ケイ素は、割れ防止や有効成分の保護のために、サプリメントのコーティングに使用される成分です。

サプリメントとして服用した場合、二酸化ケイ素は体内へ吸収されることなく排出されます。

V.C.

V.C.は、変色、褐変、風味の劣化などを防ぐ酸化防止剤です。

不安点は、原料に遺伝子組換のジャガイモやトウモロコシを使用していることですが、基本的には含有量は少ないため、すぐに人体への影響はないと考えられています。

V.B6

V.B6(ビタミンB6)は、水に溶ける水溶性ビタミンのひとつです。

ビタミンB6を摂取することで、月経前症候群(PMS)が原因のイライラや不安、物忘れが改善された例が出ています。

ナイアシン

ナイアシンはビタミンB群に分類される栄養素で、体内にもっとも多く存在しているビタミンです。

ナイアシンの効能は、粘膜や皮膚を健康に保つ、血行を促進するなどが挙げられます。

ナイアシンの過剰摂取は、血糖値の上昇や尿酸値の上昇を引き起こす可能性があるので、禁物です。

V.B12

V.B12(ビタミンB12)は、ビタミンB群の一つです。効能としては、神経機能を正常に保つ効果があります。

これといった副作用もなく、摂取しすぎても体外に排出されます。

まとめ

これまでの危険性をまとめると、こんな感じになります!

ネムリス使用上の注意!
  • 過剰摂取は厳禁!
  • 妊婦さんは使用を控えましょう
  • ワルファリンなど血液を固まりにくくする薬を飲んでいる人は使用を避けましょう
  • ネムリスを使用しているときは、アルコールは控えましょう
  • 統合失調症の治療薬との同時に服用は避けましょう
  • 胃腸の弱い人は試してみて異変が出てきたら、量を少なくするか中止しましょう

これらに注意して、ネムリスを使用するようにしましょう!

nemlis(ネムリス)初回980円定期コースを購入する